2013年

1月

20日

南三陸町の復興支援・村松まつ子さんのお店オープン!

南三陸町の復興支援・村松まつ子さんのお店オープン!

宮城県の南三陸町戸倉地区の皆さんを対象に、日用雑貨品、食料品、できたてお惣菜の販売、クリーニング受付、買い物代行、遠方の方向け地場産品直販などのお店である、村松まつ子さんのお店が開きました。


2013年1月7日(月)の事です!
本格開店に向け、復興支援活動としてもあと一歩のところまでこぎ着けました。

 

地域の人が自分で作った野菜、海でとれた海産物などを持込み、店頭で販売して収入を得ることで、売る側、買う側双方が喜べる場所作りを目指しています。

 

お惣菜は、高齢者の健康に配慮したもので、収益の柱の1つにしていきたいと思っています。また、車を持っていないお年寄りなどには、電話にて注文を受けた商品をお届けし、事前に登録して頂いているご家族やご兄弟に、配達時のお年寄りの状況や健康状態をご連絡できれば、遠くのご家族も安心できると思います。

 

また安定した収益が達成できたとき、地元で有名なホヤを全国的に販売したいと思っています。

ホヤを塩麹や醤油麹などで味付けし、商品化しまして、収益の柱に加えたいです。

地域住民が集まり、語らう場にもしていきたいと思っています。家に引きこもりがちな高齢者が集まる場をつくり、少しでも早く復興できるように皆で事業を進めます。

 

店舗運営の中心は、地区のご婦人たちです。

 

ジョネットでは、地元スタッフがお手伝いに伺いました。

 

長机にレジスターが無造作に置かれていました。

2階は、ジョネットに届いた児童書や、アジア資料センターから送って頂いたやさしいジェンダー書籍が入り、お茶のセットが用意され、地域の方々が三々五々やってこれる場所が欲しいとの願いが叶いました。これからは、此処を会場に、ジョネットサロンも開催できます。

 

保健所の許可が未だ下りていないため、手作りお惣菜の販売は未だですが、地域の皆さんは、陽気な村松さんとのお喋りを楽しみに来ては、昔の話を笑い飛ばす事が出来るようになりました。

(実は、皆さん、錯覚を起こされるそうです。そういえば○○があったな、と考えるのですが、次の瞬間現実に引き戻され、津波で何もかもなくした事を思い出すのだそうです。)

 

村松さんが事業に取り組んだ動機は、長年海産物の直売を行なってきましたが、昨年の震災津波により全てを流され働く場もなくなり、地域の環境も一変しました。今の状況は、地区の千人以上の人たちが、地元に残るか、諦めて津波の来ない地区に移るか悩んでおり、不安を抱えた状態で仮設住宅を中心に過ごしています。高齢者が多く、日常生活の面でも、地区に店舗無く買い物等で不自由を強いられており、外の親族等の支援で生活しているものが多いのが実情です。

 

その中で、長年住み慣れた地域を復興させるには、先ず働く場所があれば、人口の流失を少しでも食い止める事が出来ると思いました。惣菜販売と買い物代行の拠点を作り、ご自身も買い物に苦労している中で、同じ境遇のお年寄りが少しでも楽になり、地域に住み続ける事のお手伝いが出来ると思ったからだそうです。

 

わかめ、たこ、牡蠣、茎ワカメ等々、美味しい浜の製品の発送を承ります。

皆様のご注文をお待ち致します。 

 

みやぎジョネット・ブログより転載(元記事は左をクリック!)